日章旗すら売ってないとは、、、カインズホーム使えない、、、

今日は日章旗を買いにカインズホーム行って来ました。

店内を一通り見回して見当たらないので店員に聞いてみましたが
取り扱っていないそうです。

昔は祝日の度に日章旗を掲揚するのが普通でしたが
最近は見ないですもんね。 それにしても置いてもいないとは、、、
日本で商売している自覚あるんですかね?

売国企業花王製品の特売ばっかりしやがって、、、
売国行為に気付く以前なら、よろこんで飛びついたけどさ
(元々花王以外は買わないぐらい花王派だった)

もう二度と買わないメーカーの製品なんざ見たくも無い。
ライオンも動きが無いなら不買対象にするしかない。
きっぱりTVCM枠スポンサーから降りるなら、花王の代替は全部ライオンだったのにね。
営業担当者はバカなんじゃないの? とりあえず、今は静観中だがそのうち切る。

多少高くとも中小企業の製品を買うようにしますよ。
#ビックリする程、高い訳じゃないしね。

とりあえず、チョーヤは支援中なので「さらりとした梅酒」買って来ました。
売国奴セブン&i ホールディングスの妨害に負けずに頑張って下さい。
幸いサントリーも不買中なので、ウィスキー>梅酒に変更です。
#体にも良さそうだしねw 炭酸水で2倍に割るとおいしい。

あ、話が逸れた。

日章旗ですが、とりあえず通販で購入しました。近日中に来るでしょう。

http://tospa.shop-pro.jp/

代引配送料込みで三千円ちょいでした。

それはそうと、8月に車ぶつけといて因縁つけて相手をボコボコにした挙句に車で引きずった末に、さらの他の車にぶつけて怪我させて「記憶に無い」などとほざく 日本人風偽名を使う極悪外国人犯罪者が逮捕されましたね。

http://sankei.jp.msn.com/region/news/110922/chb11092220190007-n1.htm


韓国籍、出会い系サイト運営会社役員、ソウ永錫(ソウ・ヨンソック)被告(24)

だそうですが、24で「役員」!? しかも「出会い系サイト」!?
本当に日本に巣食うガン細胞民族だな。

真面目にコツコツ生きている自覚のある在日の人は「一緒に見られる」から
ちゃんと帰化しなきゃ駄目だよ。

日本人がやっているのは「差別」ではなく、「犯罪者集団の一員だ。という区別」なんだよ。
たかだか100万人未満しかいないのに、この犯罪率の高さは何だ? 

いわゆる「やくざ」も7割が在日朝鮮人だし、残りの3割も「部落(先祖が朝鮮人)」だという事は結構広く知れ渡っている。
何しろ元締めの山口組組長がそう言ってるんだからそうだろ?
どーせ稲川会だって似たようなもんだろ?

海外に行けば「Korean(韓国人)=嘘つき・卑怯者・犯罪者・売春婦・精神疾患患者」って意味になりつつあるし
祖国自体も来週には破産予定だ。
仮にこれを回避しても次が無理だし、詰んでいると言っていい。

真面目に他人に迷惑をかけずに「日本人のように」暮らしている人達までが
「在日韓国(朝鮮)人」を名乗るのは、どういう事なのだ?

自らを「犯罪者」と言っているようなもんだ。
この風潮は今後さらに強まるばかりで良くなる事は二度と無いと思っていい。

ただ帰化したとしても、今までに帰化して悪さばかりしていた連中のせい
いろいろ差別とか権利に制限とか加算税とかがかかるかもしれない。

しかしそれは、貴方方朝鮮人社会が同胞の面汚しを始末出来なかったせいだ。
日本人を恨むのは筋違いだ。 恨むのであれば、貴方には帰化する資格は無い。

地上の楽園や宇宙の起源である祖国に帰るべきだ。
中国やロシアの属国になるのは決定事項なので日本にいる場合よりも地獄になるのは明白だが、自業自得と言うものだ。
もう時間は戻らない。

韓国の連中は恥知らずにも「また日本に併合してくれ」などと言ってきているが、昔それをやったら「植民地支配」だと後に恐喝してきたではないか?

今は人工衛星もある時代なので「ロシアがこっそり釜山に大部隊を集結」なんて出来ないから併合する意味は無い。
そもそも、今の日本にはロシアや中国に対抗するだけの軍事力が無い。
費用を払っても米軍に居て貰わなければ、国防すらおぼつかない。
日本の憲法9条を盾に、在日や帰化人が日本の軍事力を削ぎ落とした結果だ。

さらに、10代後半~30代前半の「兵隊にもっとも適した年代」が「ゆとり世代」なので愛国心も責任感も自己犠牲精神も無い。
これも在日や帰化人のせいだ。

まあ、テロリストとして優秀だったのは認める。
残念ながら武力侵攻されたら、もう打つ手が無い。
もちろん有事の際は志願して死にに行くが、20代の頃の働きは出来ないだろう。
これも自業自得というモノだ。

"日章旗すら売ってないとは、、、カインズホーム使えない、、、" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント