ゴブリンとかって、どう考えても古代中国軍敗残兵がモデルだよな。

今期アニメは、ゾンビランドサガとウザメイドが面白いね。
「いもいも」の作画崩壊っぷりも、ある意味楽しめるけどw
ゴブリンスレイヤーもなかなか、、、ゴブリン強すぎる気もするけどw

昔やった(ウィザードィとかの超初期の)RPGだと、完全に雑魚だったな。


そう言えば、設定として

・小柄で武器が貧弱で頭が悪い
・村を襲って、村人を食べる。
・ある程度、組織的である。
・上位のホブゴブリンってのが居る
・あと、更に上位のオークとかオーガとかもあった

とか思い出しました。


あれ? この手のモンスターって欧州発なんだよね。

この条件に当てはまる欧州で伝説になる脅威って、、、


たしか唐の時代にイスラム帝国と戦争してなかったっけ?


結果的には唐が敗退した訳なんですが、古代中国の軍隊って
基本的に兵站(補給路)を持たないんですよね。


当時の(中国国内平定時の)記録とかを読むと、

途中の村を襲って、食料とかは当然奪って村人も殺して食べた
ってのがありまして、、、


あの時代に軍勢数万人を養える食料が、小さな村にある訳もないし
村人も食料として食べたのも納得はいきます。

そもそも領地(田畑)を奪って自国民に分け与える為に侵略してるのですから
現地の村人なんて邪魔なだけだわな。

街道も整備されていませんから、本国から補給とかも考えにくいですしね

#そもそも本国が豊かなら、わざわざ侵略に行かないって話も、、、、
#気象記録とかと照らし合わせても、
#世界的に飢饉の時に侵略(平定)してる。

要するに補給したくても本土に余裕は無いし、輸送手段も無い。


こんな時代に山脈を越えて遠征して、イスラム帝国と戦争ですからね。
食料はともかく、武器の補充がね、、、


イスラム帝国と対峙する頃には、マトモな武器は残って無いのでは?

その時に引き連れていた製紙職人が捕まって、イスラム帝国に製紙技術が
で、後に欧州まで行く訳なんですが、、、、

その時に、唐軍残党の酷さが口伝で大袈裟に伝わった。


と考えると辻褄が合うんですよね。

ま、あの時代に敗残兵が無事に本国まで帰れる訳もなく、、、
当然、野盗化して現地に残るでしょうしね。

挙句に飢えた男の集団ですから、、、、
行動パターンとしてはゴブリンみたいになるわな。


で、製紙職人が居た以上、漢方薬職人が居ない訳が無い。
もちろん、武器職人やその他職人も。

ある程度の地位の部隊が丸ごと野盗化した場合は
武器もある程度マトモで漢方薬も現地生産出来る。
当然、武功のある強者も居る可能性が高い。

オーガ(強い人食い鬼)とかトロール(自己再生出来るらしいw)の正体も
見えてきた気がします。


恐らく、イスラム帝国アッバース朝は、
唐軍敗残兵の処理に苦慮してたんでしょうね。

庶民に至っては被害をマトモに受けて、それが大袈裟に口伝して、、、


要するに、後のドラキュラ伯爵みたいなもんですかね?

本人は名君だったみたいですが、、、草葉の陰の泣いてるんだろーな、、、


そう言えば、サンタクロースも中東の聖人(孤児院みたいなのをやってた)
がモデルだったよーな、、、


あと、数珠やロザリオのモデルになったジャパーマーラー(インド)も
口伝してる内に変化したんですよね。


元は呪文(?)を唱えた回数を数える数珠みたいなものですが、
中国や日本に伝わる頃には「数珠」に変化。


欧州に伝わる前に、中東でジャパーは薔薇と言う意味みたいで
「薔薇の輪」として欧州に伝わり、結果的にロザリオ(薔薇の輪)に。


ちなみに、インドも元は中州を表す「スィンドゥー」が
#たぶん、インダス川の中州に街を作ってたのでしょうね。

チベット経由だとSが発音されないのでインドゥー(印度)、
ベトナム経由だとSがTに変化してティンドゥー(天竺)
として中国に伝わり、それがそのまま日本に。



う~ん、伝言ゲームの怖さを思い知りますねw


あ、、、、ぜんぜん関係ありませんが、ミリシタ始めましたw



親父日記 ブログランキングへ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック