「愛国と言うエゴをやめろ!」(週刊朝日)だってさ。 あと産経新聞は適菜 収を使うな。

一応、商売やってる(零細自営)ので毎年やたら細かい暦の本を買ってるんですが、「そろそろ来年のが出たかな?」と思って本屋に寄りました。

雑誌コーナーをさらっと見たら衝撃的な見出しが、、、、

さすが週刊朝日。 週刊報だっけ?
誰が作ってるのかバレバレだな。
未だに朝日新聞関連を買ってる奴は不買しろよ。

汚染(鮮)具合が毎日新聞と変わらんレベルだよな。


あと、現在とってる産経新聞。
たまに「哲学者 適菜 収」を名乗る奴が、たまに1面左上を飾るんだが
読んでも読んでも、朝鮮人のキチガイ記事以外に見えんのだが?

わざわざ、こんなのを1面に度々乗せる意味は何だ?

全文を読みたい方は、載せているブログがありましたので見てください
http://juniorski.blog88.fc2.com/blog-entry-2510.html


いろいろな思想があっても良いし、どんな主張をしても良いとは思うんだが、わざわざ毎回1面で取上げる程力を入れる内容か?
これが産経新聞の思想なのか?
まぁ、読み飛ばせばいいだけなんだが編集長の思惑が気になる。

結局全てのマスゴミは多かれ少なかれ汚染(鮮)されているって事だな。

とりあえず、「正義は法に優先しない」は正論だ。
やるべき事は、その正論を振りかざす事ではなく、
法律を正義に沿うように変える事だと思うんですが?

早稲田卒の方に中卒+α程度のくまだけんが意見するのはお門違いなんですかね?

法治国家なんですから、法が優先するのは当然なんですが
法が全て正しい事では無いのでは?
所詮人間が作ったモノなんですから欠陥もあってしかるべき。
気付いた時に変更出来るように「国会議員」さんはいらっしゃるのでは無いのですか?
国会は立法の府 と教育された記憶があるんですが、間違ってましたか?

だからこそ、ちゃんと仕事をする議員さんを選ばなければいけないんだと思います。

彼の、「選挙には行きません」との発言は議員民主制を全否定してますよね。
スイスのような全国民の投票制度を望んでいるんでしょうか?
それとも、、、、、、、

ま、くまだけんも言いたい放題言ってますけどね。ネットでもリアルでもね。

反日外国人はもちろんだけど、真っ先に抹殺すべきは「反日日本人の裏切り者」だ

とか普通に言ってるもんな。
政治の話してると「○○殺せよ」とか普通に言うし。

洗脳された人間が、滅多な事じゃ洗脳が解けないなんて事は常識ですし。
解けたとしても、完全に、、、、ってのは、ほぼ不可能である程度は残るもんです。

更生しないんだから、生かしておいてもロクな事する訳が無いだろ?

凶悪犯罪者や洗脳された人については投獄したって税金の無駄遣いでしか無い。
さっさと抹殺するのが世の為だし、本人の為だし、何より今や未来の被害者の為だ。


つい先日も川崎の無職(44)が 9歳の女児に、、、、
ま、成人なのに、名前が発表されず、無職だから公務員ですらない。
って事は、お里が知れるが、そこは置いといて、、、、、

こんなクズが投獄されたからって更生する訳が無いだろ?
抹殺しろよ。


最近じゃ「万引きしないと居られない病気」なるものまで、出てくる始末。
そんなクズは生かしておく価値無いから抹殺しろ。
あと、そんな病名を騙ってまで患者を増やしたいクズ医者の免許は剥奪しろよ。


例えば、不良品を弾かないで出荷するから、中国製品は信用されない。
同じ中国製でも日本メーカーブランドだと、不良品をキチンと弾くから信用される。

不良品の人間が、その辺をフラフラしてりゃ治安が悪くなるに決まってるだろ?
不良品は処分(抹殺)しなきゃ社会全体がダメになるのは当然だ。

何でこんな簡単な事が解らない? クズに人権は無いんだよ。
刑務所で生かしておくのにも、年間800万(だっけ)もの税金が投入されとる。
そら、増税もされるわ。 こんなクズを生かしておく為に税金払うの?


日本の治安の良さはクズ人間を村八分にして子孫を残させない事で実現していたのに、何やってんだよ?
真面目で働き者以外の遺伝子は次世代に残しちゃダメだよ。

だからこそ、両親のお眼鏡に適った奴しか結婚出来なかった。
見合い結婚は正しかったのさ。

若い女性は全員とは言わないが、派手で遊び上手なクズを好む奴が多い。
そら、一緒にいて楽しいのは、そんな奴なんだろーけどさ。
比較すりゃ、真面目な働き者がツマラナイは当然だし。

そんなのと、ポンポン子供作ってりゃ子孫はクズだらけになるぞ。

作っちゃったものは仕方が無いので
せめて「ありがとう」と「ごめんなさい」をキチン言えるように育てて下さい。
これが最低限、日本人として必要です。


尖閣にせよ、竹島にせよ、キチンと納得がいく理由を出して「我々の領土だ」って言えば、日本人は文句を言わない。
日本人がここまで文句を言うって事は根拠が無いって事なんだよ。


あと、ついでに、、、、

自民党は、河野のバカヤローに切腹させるなりして責任取らせろよ。
あのバカが「とりあえず謝罪しときゃ、いいか」って意味無く謝罪なんぞするから
それを根拠にして文句を言っている。

あと、河野談話をおかしな英訳をした外務省の担当を引退してても引っ張り出して責任を取らせろ。

もっとも、日本語の曖昧さを英訳するんは、非常に困難なんだけどね。
バカなくまだけんが英訳したんなら、そんなミスもあるさw って言えるけどさ。

仮にもエリート大で好成績で外務省にまで行った「優秀な人材」なんだろ?
高給と高額な退職金と高額な年金に見合った責任ぐらいは取れよ。


あとは、、、、

台湾の馬総統を見直しました。 中国共産党のスパイ扱いしてすみません。

22日付台湾紙・自由時報などによると、台湾の馬英九総統はこのほど、
日本と領有権を争う尖閣諸島(中国名・釣魚島、台湾名・釣魚台列嶼)の
問題を国際司法裁判所(ICJ)に付託するよう提案した。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2012/08/23/2012082300653.html

台湾にとっては、国際社会に「主権国家」として認めさせる好機だしね。
日本と台湾で裁判した所で、領有権の証拠を台湾は持ち合わせていない。

要するに日本に対する援護射撃かつ台湾主権主張の両方を狙ってると見るべき。
台湾の国防も日本の自衛隊と在日米軍が無ければ成り立たないんですからね。

もっとも、台湾は原住民たる高砂族(たかさごぞく)のものだ。
#高砂族は日本併合時に原住民につけた名称で、実際は別部族集団
#高砂族 = 台湾島 原住民すべてを指す と思ってください。 
#台湾政府認定だけでも14部族あります。 詳細はWiki でも見てね。

外省人(支那人)は出て行くべきだとは思うが、仲良くやってるなら自由にして下さい。
日本の在日連中のように、多くの問題を抱えているなら別ね。

それにしても、日本に関するニュースを日本のマスゴミではなく
朝鮮日報などの外国メディアから集めないといけないのは何の罰ゲームだ?

役に立たないマスゴミなど不要だろ? 全部潰せよ。
自称ジャーナリストは恥を知れ!


まぁ、実際の発言は「機会があればやりたい」程度なんだけどねw

原文 馬の国際法廷発言のニュース(中国語)↓
馬也提到,日本與南韓近來的領土爭議,要到國際法庭訴訟,
「不知道釣魚台議題上, 有沒有同樣的機會,使用國際法以及和平方式解決爭端」。


いい機会だから提訴しちゃえば? >馬 総統
日本国民として応援しますよ。 共に中国共産党の帝国主義に対抗しましょう。


追伸:2012.08.24

大津いじめ加害者の大津の残った奴が女教師を暴行&レイプだって?
だから抹殺しろって言ってるだろ? こんなクズが更生する訳無いんだよ。

「三つ子の魂、百まで」 って言うだろーが。
昔の人の格言って、大体正しいんだよ。
経験に基づいた格言なんだからな。


レイプ犯とペド(幼女嗜好者)野郎は、さっさと抹殺しろよ。 被害者増やす前にな。
クズは死ぬまでクズなんだよ。 知らないの?


だから、私は「女子高生コンクリート事件の犯人連中」は一生許さない。
この事件は加害者も被害者も朝鮮人だが、次の被害者が日本人の可能性があり この加害者連中には子供がおり、当然、このレイプ・暴行・殺人遺伝子を受け継いでいる。
こんなのが居る学校に自分の子供を通わせられますか?

たしかに、子供に罪は無いし、決め付けるのもどうか? とは思う。
ただね。朝鮮人のレイプ率と暴行率・DV率などの異常とも思える高さは、とてもじゃないが容認できんぞ。

まともだと自覚する朝鮮人遺伝子保有者は、同胞のクズ共を率先して祖国に叩き出す運動を起こせ!
黙っていると「同胞の犯罪は容認している」とみなされる。
日本で生まれ育ってるんなら解るだろ?

もうマスゴミの隠蔽工作も意味を成さないし、成人の犯罪で名前が出ない=朝鮮人の図式が出来上がってしまった。

時が経てば経つほど「朝鮮人の異常な犯罪率」が世間に知れ渡る。
同じに見られるのが嫌なら行動を起こす時だ。

起こせないのであれば、一緒くたに身包み剥がされて国外追放されても文句言うなよ。


親父日記 ブログランキングへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック